2010年07月05日

【こころの栄養】聞き逃し力


こんばんは。心理士の「なおこ」こと、脇坂奈央子です。


心が笑顔になるために、今日も「心のコリほぐし」。
どうぞ気楽〜に、おつき合いくださいませ。


もうすぐ七夕ですね。駅前商店街も、七夕飾りでシャラシャラと涼しげです。
そうそう! 忘れないうちに、お願いごとの短冊を書かねばなりませんね。


「素敵な出逢いが、たくさんたくさんありますように!」
今年は、こんな感じでしょうか。(理由は、編集後記で・・・)


お正月に「今年の抱負」を考えるのもとても良い習慣だと思いますが、
半年経って、「今年のお願い」を考えて短冊に書き綴るのも、
自分との対話のタイミングとしてはピッタリですよね。


「なんだか、うまくできているなあ」と感心しきりです。


あなたは、お願いごとの短冊に、今年は何と書きますか?
あなたの願いが、どうか星に届いて叶いますように!




さて先週は、真面目な方ほど積極的にやっていただきたい
「プチ家出」をお伝えしました。


『プチ家出のすすめ』

http://my-rapport.com/cat14/post_123.html

http://kokorogamae.seesaa.net/archives/20100628-1.html


「プチ家出」で、異世界に遊んで、心のリフレッシュです!
時々、日常生活から完全に離れて、心配事やストレスを手放しましょう。


まずは、お気に入りの「家出先」を見つけておきましょうね。
喫茶店・図書館の自習室・ホテルのラウンジ・デパートのベンチ等等・・・。


ゆったりと優雅に、異世界・非日常にひたってください。
1時間ほど、仕事の事や家庭の事は一切忘れて、解放感を楽しみましょう。


日頃の役割意識を全て忘れて、心地良さを存分に味わう時間。
ゆる〜くゆるんだ快適さの中で、トロトロと心満たされてください。


「素の自分」に還って「心の栄養補給」や「心のコリほぐし」をする。
そんな時間をしっかり確保してくださいね。「プチ家出」楽しみましょう!




さて、先日、お母さん友達とお茶した時のお話。
結構よく聞くのが、家族コミュニケーションのトラブル。


例えば、こんな感じです。


娘が高校から帰るなり「あんな学校やめるーー!」なんて言い出すから、
「あなたが行きたいって言うから、無理して私立に行かせてあげたのに!」


「だったら、最初から公立に行ってよね。高い入学金どうしてくれるのよ!」
「高校中退でこれからどうするのよ!」


頭に血が上って、一気にオコゴト炸裂! 連発で、出るわ出るわ!


娘さんも「お母さんに何が分かるのよ! やめるったら、やめるのよー!」
「いつも文句ばっかり言ってて、お母さんなんて大キライ!」


最後は泣きながら部屋に閉じこもって、夕食も食べに出て来ない・・・。


アチャーーーーー。親も子も痛いです(涙)。
残念ながら、なんとも辛い夜になってしまいましたね。


あなたにも、または、あなたの周りにもそんな事件は起きていませんか?


お母さんは子どもの事が心配で、助けになろうと思うあまり、
ヒートアップして、言わなくてよいことまでもついつい言ってしまう。


お子さんも、親を心配させるのは分かっているから、その引け目もあって、
より過激な物言いになってしまう。どんどん感情的になってエスカレート!


そして、最後はどうしたいのか自分でも分からなくなって、
大泣きか、カンシャク、閉じこもり・・・。
おなかが空いていたでしょうにね。かわいそうに・・・。


これはですねー。最初の「反応の仕方」に問題があるのです!


娘さんの「言葉」を聞いてはいけないのです!




「ええ? 言葉を聞かないってアナタ! 聞いてあげないなんて不人情な〜」
そう思われましたよね〜。当然です。当然です。


詳しく説明しますね。


「言葉」をそのまま聞かずに、その言葉が出て来た「気持ち」を聴くのです。


「言葉」は、「旗」みたいなものです。
「注目してくれ! 助けてくれ! 受け止めてくれ!」のサインです。
高校生の娘さんの場合は、「助けて!」の「白旗」というところでしょうか?


ここで「学校やめる」という「言葉」は、とりあえず聞かない。
肝心なのは、それを言い出した今の娘さんの「気持ち」です。


「言葉」を聞いてしまうと、聞いた方は当然「感情」が動きます。
怒りたくなったり、悲しくなったり、説得したくなったり・・・。


その「感情」を我慢するのは辛いですから、
そういう時は「言葉」は聞かない方が、聞く側にとっても楽なのです。


「言葉」でなく「今、どんな気持ちなんだろう?」それに集中してください。
「言葉」は聞かない。「気持ち」を聴くです。


「あんな学校やめるーー!」の場合は、
「あらら、学校やめたいって気分なのねーー」くらいで受け止めてあげると


「だってねー、□□が△△だって言うのよ。もう許せないー!」
そんな感じで、「気持ち」や「その理由」を説明し始めてくれます。


「もう許せないって感じなんだーー」やや間抜けっぽい受け応えですが(笑)
そんな風に「気持ち」に、ただ寄り添いながら聞いていくうちに、


「確かに私も悪かったんだけど、いきなり言われても困るしー」
なんて、段々「暴走一直線!」だった「感情」も少しずつ落ち着いてきて、
視野が広がってきたり、客観的に見られるようになってきたりします。


お母さんもその段階まで進むと、大体の事情が理解できて安心できます。


「学校やめる」の言葉に反応して、「学校やめてどうするのよ!」では、
感情を落ち着かせて「内省レベル」に進めてあげる手助けになりません。


まずは、感情を受け止めて、内圧を下げてあげて、冷静になれる余裕を
作ってあげることです。


実は、本当の気持ちは「言葉」と違うところにあることがほとんどです。


夫婦ゲンカの「別れる!」の真意は、
ほぼ99%、「別れたくないので、関係改善したい!」ですからね。


ホント、人間ってややこしいですね〜。


親や、部下がいる方は、この「言葉をそのまま聞かない」という
「聞き逃し力」が時に必要だと思うのです。(あ、夫婦もですね〜)


「今、なんて言ったぁ!」と「言葉」そのものに反応してしまうと
不必要な混乱を招いたり、お互いに不快な思いをしたりしがちです。


たとえ聞き捨てならない「言葉」があっても、ポカッとあえて聞き逃す
「聞き逃し力」を持っていると、子どもも部下も傷つかずにすみますよね。


「聞き逃し力」。結構大事だと思うのですが、誰もおっしゃいませんね。
よし! ここで「聞き逃し力」(C) 2010なおこ としておこうっと(笑)。


ドキッとするような発言があった時は、「言葉」そのままを聞かずに、
その言葉が出て来た「気持ち」を聴こうとしてみてください。


あなたも「感情」に振り回されずにすみますし、
相手の問題解決に手を貸すことができて、きっと感謝されますよ。


親しい間柄でこそ、この「言葉でなく、気持ちを聴く」ことが
必要な場面がたくさん出てきます。


相手の「気持ち」に寄り添って、相互理解を深めてくださいね。
その方が、ご自分も消耗しませんし、それは結構楽しいことですよ。


良いコミュニケーションが良い人間関係を作ります。
まず、あなたから「言葉でなく、気持ちを聴く」を始めてみてください。


そして、いつも心に余裕のある「癒し美人」になってください!
(↑ 毎度申しますが「癒し美人」は老若男女問いません! ご安心を!)


大切なあなたの「心」が余裕をもって伸びやかに輝いて、
あなた本来の優しさが、周りの方をもっと「幸せ」に癒しますように!


もちろん、あなたもますます「ご機嫌」で「幸せ」に!


*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,__,:*~*:

★「心のケアは心の専門家に!」 心理士による最新技術のヒプノ・セラピー

ゆったりとリラックスした状態で、自分の内面を感じていく心理セラピーです。
受ける方の心理的負担が最も軽く、深い癒し効果が得られることが、高く評価
されています。しかも、潜在意識に直接アクセスするので即効性抜群です。
自信回復・トラウマ解消・自己実現・ダイエットに、最適な心理セラピー!

その日から、違った「あなた」が実感できます!
ワイス博士直伝の3時間集中セラピーで、深いところから癒し切ります。

 ◎これまで他所で効果を実感できなかった方も、安心してご相談ください。
    ご感想・体験談は>> http://my-rapport.com/experience.html

あなたの潜在能力を取り戻す「女性心理士による安心のヒプノ・セラピー」
    安心の前世療法・催眠療法・心理療法>> http://my-rapport.com/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
第一線で活躍するカウンセラー、セラピストの本音インタビュー!
 こちらから ⇒ http://archive.mag2.com/0000116808/index.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

★♪☆  編集後記  ♪☆★

揺れるお年頃(?)23歳長女が、オモシロクテたまらない「なおこ」です。

この週末は、お友達と新宿まで「占い」を受けに行ったモヨウ。
最初は「買物」と言っていたのに、バレバレなんですな、これが・・・。

結婚運を観てもらったらしい・・・。プププーーー!(笑っちゃ失礼よね)

彼女はなぜか昔から「若いママ」になるのが憧れで、早く結婚したいのですね。
でも、彼氏の「か」の字も無いご様子。それでイキナリ「占い」か!(爆!)

「赤い服を着なさいと言われたけど、赤はいやだ〜」とポロリ。
(↑ ハイ、そこでバレました 笑)

「だったら、赤いパンツがいいわよ。健康にも良いって言うし・・・」と私。

「えー? 赤いパンツ? それもイヤダー!」と言いつつも、
真剣に考えてる、考えてる・・・。(< 笑いをこらえるのがもう大変!)

彼女の「若いママ」願望の行方やいかに? 「赤」の壁はどう越える?
ちなみに「ムーミンパパ」みたいな知性と包容力のある男性が希望とか。
     (↑ チョット古過ぎないか?)

母としては、どんな「彼氏」を連れて来るか、今から猛烈に楽しみです。
「ムーミンパパ」じゃなくて「ニョロニョロ」だったらドウシヨウ?!

今週も、最後までおつきあいくださいまして、ありがとうございます。

ではでは、また来週まで、どうか「ご機嫌」で「幸せ」に〜!

                           なおこ拝

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

     ☆★ 今週の「おすすめメルマガ」 ★☆

 まぐまぐ殿堂入りメルマガ・めろんぱん「オススメ選定」メルマガ

★☆★ 最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気 ★☆★

カウンセラー、セラピスト、コーチ、コンサルタント、セミナー講師など
「心に関わる専門職」として第一線で活躍するプロフェッショナルの
方たちの『本音インタビュー』を連載しています。

一流になるために一流から学んでみませんか?
 ・ 一流と呼ばれる人は、そうでない人とどこが違うのか?
 ・ なぜそこまで自分を成長させることができたのか?
求めていた答が、きっと見つかります!!

カウンセラー、セラピスト、コーチのプロを目指す方にも、
心の仕事に興味がある方にも、たっぷり楽しんでいただけるメルマガです!
高名なあの先生の意外な一面が、今、赤裸々に明かされる!(笑)

只今『幸せな小金持ち』でおなじみの本田健先生インタビュー連載中です。
「自分の好きなことをして生きる」秘訣大公開! 先生の意外な一面も満載!

まずは、こちらより⇒ http://archive.mag2.com:80/0000116808/
インタビュー完全版⇒ http://www.jcounselor.net/11interview/

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
【こころの栄養@さぱりメント】 http://www.sapariment.com/
 ご友人などへの転送は、ご自由にどうぞ。心癒しの輪が広がりますように!
 発 行: 脇坂奈央子(セラピールーム・ラポール)
      書籍『心の専門家50人』で紹介されました。
      http://www.amazon.co.jp/dp/4434128671/
 ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法のラポール
     : http://my-rapport.com/
 ブログ【こころの栄養】愛と癒しの心理学
     : http://kokorogamae.seesaa.net/
 登録・解除: http://www.sapariment.com/mag/mm02.html
 日本メンタルサービス研究所: http://www.jcounselor.net/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 Copyright (C) 2010 Wakisaka Naoko All Rights Reserved.
 無断転載はご遠慮ください。

posted by なおこ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。